西野七瀬がぼっち、性格

西野七瀬は性格が悪いの?
乃木坂46スーパーエースの西野七瀬はいつも、ぼっちであるとよく耳にします。

写真や映像では西野七瀬だけ離れていたり、自らも「友達はいらない」と言ったりします。
その為「西野七瀬は性格が悪いのか?」「西野七瀬はイジメられている?」などファンからも心配されています。

スポンサーリンク

西野七瀬がぼっちなのはその性格、とにかく人見知り!

まず、西野七瀬は人並み外れた”人見知り”だということです。
世の中のほとんどの人は人見知りでしょう。

本当に人見知りをしない人というのはごく僅かです。

しかし西野七瀬は一般的な人見知りのレベルではありません!

学生時代に自分の自転車に人が居るだけで近寄れず帰れなかったり、乃木坂46初期の頃の「乃木坂って、どこ?」のティッシュ配りをする企画では、自分からティッシュを渡せず泣いてしまうなど、一般的な人見知りとは桁違いの人見知りということです。

また、クレイジージャーニーに出演した時は、結成当初から共演し番組でMCをしているバナナマンの設楽統に対してまだ「ちょっとやっぱまだ怖いなって」とコメントしています。

そうともなれば、西野七瀬の性格の良し悪しではなく、メンバーといえどもなかなか打ち解けるのにかなりの時間がかかるのでしょう。

乃木坂46の楽屋の写真やライブ後の集合写真や動画では、高確率で端に居たり、メンバーとは距離を取るような場所にいます、これも本人の控えめすぎる性格のようで、メンバーとバスに乗っている時も自ら存在を消しているようです。

スポンサーリンク

「友達はいらない」発言の真相、あの伝説のメンバーもぼっち?!

西野七瀬 ぼっち 不仲 いじめ

ぼっちと言われる原因は写真や映像もありますが、バナナマンのラジオにゲスト出演した際には、なんとメンバーがいる前で「友達はいらないっかな…」「メンバーはメンバー」っと言っています。

これでは確かに一般的にぼっちと言われたり、性格に問題があるのかと思われてしまうかもしれません。

その一方で楽屋やリハーサル時にメンバーの高山一実や斉藤優里を背中から甘えて抱きつくようなとても愛嬌のある一面もあります。

この儚さの緩急が計算ではなく自然にやってしまうところが彼女の最大の魅力で、この雰囲気は男性のみならず女性からしても守ってあげたくなるようです。

西野七瀬の「メンバーはメンバー」という発言ですが、人によって”友達”の定義が違い、普段は一人でも平気という程度のようです。

これは西野七瀬に限ったことではなく、大家志津香(AKB48)も「メンバーはメンバー」と番組ではっきり言っていますが、その割にはかなりメンバーに慕われています。

ぼっちでもっと有名なのは、かつて乃木坂46にも在籍したあの松井玲奈も西野七瀬とよく似ており、西野七瀬以上に写真や映像から、ぼっちと言われ続け在籍時に実際にメンバーと2人で食事に行ったことがあるのは、なんと高柳明音(SKE48)ひとりだけのようです!

西野七瀬は休日はほとんど家にいるそうで、滅多に人と行動しないようですが2017年の正月休みには、乃木坂メンバーと一緒に香港に旅行に行ったようです!

一緒に行ったのは伊藤かりん、伊藤純奈、川後陽菜、斉藤優里だそうで、選抜常連メンバーはいませんが、これは単純にスケジュールの都合じゃないでしょうか。

西野七瀬ファンからしても、ぼっちと言われながらもこのようにメンバーと旅行に行ったりするのは心温まります。

西野七瀬はたしかに一人でいることが多いようですが、それとメンバーとの不仲説や性格などは関係ないようですね!

スポンサーリンク

おすすめ記事