松村沙友理(さゆりんご)高校時代

松村沙友理の高校時代とは?

乃木坂46の人気者、「さゆりんご」こと松村沙友理の出身高校についての話題がネット上で目立っていますが、彼女の行ってた高校は大阪桐蔭高校です。
さゆりんごは地元・大阪市立の中学校を卒業後、大阪桐蔭高校に入学しています。

スポンサーリンク

松村沙友理の母校は大阪桐蔭高校

松村沙友理は大阪桐蔭高校

みなさんご存知のとおり、大阪桐蔭高校は野球部が春・夏の甲子園での主役とも言える存在であり、中田翔(日本ハム)、中村剛也(西武)、藤浪晋太郎(阪神)ら現在プロ野球を代表する選手の出身校でもあります。


以前に松村沙友理も、自身のブログ内で母校の優勝に歓喜していました。

そのようにあまりにも野球部の活躍が目ざましいために、同校の教育内容や進学実績はあまり知らない人もいるかもしれませんが、じつはけっこう「できる」学校なんです。


もちろんクラスの種類によって異なりますが、同校の偏差値は60を超えるレベルとなっています。
ですから、普通に考えたら優秀な進学校と位置づけられ、卒業生のさゆりんごにも「頭がいい人」という評判が多く出ています。

高校時代は一生懸命勉学に励んだ松村沙友理

大変失礼ながら、はっきり言って松村沙友理にはとてもそのような雰囲気はないので、そのことを知って驚いたという人も多いかもしれません。
大阪桐蔭は進学校に多い中高一貫の学校ですが、さゆりんごは高校から入学しましたから、相当な努力をして受験に臨んだことは間違いないところです。


彼女はあるテレビ番組内で自身のことを、「高校時代の私は365日通学していた」と紹介してくれました。

「(大阪桐蔭高校は)月曜日から土曜日まで普通に授業が行われていて、日曜日でも自習室として使えそうな空いている教室があったんです。そのうえ先生も出て来てくれるから、学校に来たい人は来てください、というような雰囲気があったんです。そのために、ほとんどのクラスメイトが来ていました。だから365日、お盆もお正月も学校に行ってました。」と、勉学に励んだ高校時代を振り返っていました。


また彼女は在学中はバレーボール部に所属し、またスポーツ観戦が趣味であるため、甲子園でプロ野球の試合を観戦していたそうです。

スポンサーリンク

高校卒業後は大学進学を目指すも、乃木坂46のオーディションに見事合格

そんな松村沙友理は高校卒業後、親に勧められて看護師になるために大学進学を目指して予備校に通っていましたが、模擬試験の成績が思わしくなかったために他のことにチャレンジしようと思い、乃木坂46の1期生オーディションに応募して見事に合格しました。


その後の彼女の活躍は今更言うまでもありませんが、では、さゆりんごがいったいどこの大学を目指していたのかは、残念ながらはっきりしていません。


あるサイトでの投稿には現役で筑波大学に合格していたにもかかわらず入学を辞退した、という書き込みがありました。

大学合格直後にあの東日本大震災が発生し、原発事故のあった福島に近い茨城にある筑波大学にはあえて入学せず、浪人して大阪大学医学部を目指していた、という書き込みもありますが、それについての確かな証拠はありません。


さゆりんごは過去にインタビューで「大阪の大学に進学する。」と言っていましたが、実際に彼女が目指していた大学の名前ははっきりしていません。

今後のさゆりんごの更なる活躍に期待大

いずれにしても、さゆりんごはかつて学業に注いできた情熱を今ではステージ上でのパフォーマンスやファッション誌でのポーズに十分に活かしていると思います。

今後もまぶしい輝きを見せてくれる「さゆりんご」の活躍に期待していきたいと思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事